可能性は無限大

電車旅やスキルアップ等読者満足度重視の役立つ情報を提供します。読者登録大歓迎です。

にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ
にほんブログ村

【マンションに興味のある方必見!!~区分所有建物登記の読み方~】

前に不動産の登記簿謄本の読み方について、記事にしましたが今回は区分所有建物(マンション)の表題部登記を解説いたします。区分所有の意味は、区分というマンションの各戸(302号室・101号室等)毎に所有している建物ということを意味します。今回のブログのマンションの定義は1棟買いではなく、各戸毎ということになります。

なお、記事内に出てくる「可能性は無限大マンション」は実在しない架空のマンションです。

 

不動産の登記簿の読み方はこちらから

miracle-magic.hateblo.jp

f:id:miracle-magic:20200314123548p:plain

1.区分所有建物の登記

 f:id:miracle-magic:20200314155019p:plain

可能性は無限大マンション 302号室の登記
敷地権(土地に相当)
専有部分(建物に相当)

 

区分所有建物(マンション)の謄本について説明します。前に解説した通り、登記簿は土地一筆・建物一棟毎に作られます。今回の区分所有建物(マンション)においては、敷地権(土地に相当)と専有部分(建物に相当)の一体化となり、各戸(〇〇号室)毎一つの登記となります。なお、古いマンションについては、土地と建物の謄本に分かれているものもあります。

 

2.区分所有建物登記の構成

 f:id:miracle-magic:20200314154515p:plain

 

不動産の登記の構成は、「表題部・権利部(甲区)・権利部(乙区)」の3つからなる3部構成となっております。区分所有建物(マンション)の登記では、各戸毎となるため、表題部が「一棟の建物(マンション全体)」と「専有部分(各戸)」の2つに細分化されます。

 

3.区分所有建物の表題部の内容

f:id:miracle-magic:20200314132027p:plain

 上記が可能性は『無限大はマンション』表題部謄本となります。太枠で区切り上がマンション全体、下が各戸毎を指します。構成の順番は下記の通りです。

 

①一棟の建物の表示(マンション全体)

②敷地権の目的である土地の表示(マンション全体の敷地)

③専有部分の建物の表示(各戸毎の建物)

④敷地権の表示(各戸毎の土地の権利)

 

例えば、一棟の建物の表示では、「鉄筋コンクリート陸屋根5階建」となっているのに対して専有部分では「鉄筋コンクリート造1階建」となっています。上と下を見比べてみると理解しやすいと思います。また、各戸のマンション所有者には建物だけでなく、土地の権利もあり、上記の302号室の所有者の場合ですと、マンション敷地全体で450㎡の中の「1/15」の敷地権があることを表しています。もう一度それを踏まえて、最初の図を見て確認してください。

 

f:id:miracle-magic:20200314155019p:plain

 

以上が区分所有建物(マンション)の表題部の読み方となります。権利部(甲区)と権利部(乙区)については、同様になります。マンションに興味のある方は登記についても是非理解して下さい。今回もご愛読頂き誠にありがとうございました。

 

マンションの床面積の関連記事はこちらです。

miracle-magic.hateblo.jp

 

不動産カテゴリーの記事一覧はこちらです。

miracle-magic.hateblo.jp

 

ブログランキングに参加しております。応援頂けたら幸いです。

 にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ
にほんブログ村

 
人気ブログランキング

プライバシーポリシーと免責事項